FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ買い増したぁ

嫁さん用のデジカメとしてμ9000を買いました。

μ720SWではズーム、室内撮影、子供の動きとかで物足りないものを感じていたのと、デジタルビデオカメラでは嫁さんが使いこなせないということがあったので、嫁さん用(たぶん子供も遊ぶ)として買うこととしました。

届いて気づいたのが、メディアは最初から別売、ということです。
最低限の記録メディアはついてるだろうとの思い込みがあったんですね。
そのかわり内蔵メモリーが45MB入ってますので、それが最低限メディアの代わりってことなんでしょう。
記録メディアがいっぱいになったとしてもメディアを取り出せば内蔵メモリーでさらに何枚かは撮影可能になるってことですから、使いようで便利なものとなりそうです。

さて、性能の方ですが、早速撮影テストをしてみました。
まずは、ズーム機能でこちらは光学10倍までのズームができますから、運動会や発表会など近寄れないときに便利です。

ちなみに等倍だとこんな感じで、
1倍

10倍になるとこれだけ接近できます。
10倍

実際にはかなり遠方のものを撮影しますから人物はかなり小さくなるでしょうけど、12M(3968×2976)で撮影すれば多少切り取っても写真印刷には十分な画質が期待できます。
手ぶれ軽減機能と連射機能とを合わせれば、何枚かはきれいに撮影できているでしょう。
数打ちゃ当たるって作戦ですね。
というわけで、メディアは最大容量の2GBのものを追加購入しておきました。

次に室内撮影はこんな感じです。
室内

これまでは被写体だけが明るくバックが暗くなることが多かったのですが、こちらも改善されて(なくなるわけではありませんけど)使いやすくなっています。
子供用エプロンを買ってもらって、毎日お手伝いに励んでいるようです。
その後はよだれかけ代わりにもなってますけどね。

動きのあるシーンでも追従してぶれにくくなっています。
運動
遊んでいるときにとっさに撮影したところ、多少ピントが甘くなってはいますがブレがあまりなく、写真としてはまあみれる状態と言えます。

日産
こちらはほぼカメラ任せで撮影したものですが、十分きれいに映っていますね。

このカメラにはiAUTOいうシーン自動判別機能がついていますので、カメラの設定を何も考えないでも被写体に向けただけで適切な設定になりますから、とにかく電源を入れて撮影するっていうシンプルな使い方ができるって言うところが一番の嫁さん向き機能です。

私自身はほぼ平日は休めない状況ですので、そんなときに子供の行事があっても参加できません。
可能な限り出演時間だけでもビデオ撮影しに行きたいとは思ってますけど、それもできないこともあると思われます。
そんなときでもこのデジカメがあれば写真だけでも撮影できますから、子供の記録を残してやることができます。
早速今月末の平日には子供の作品の展示会があるそうですので、その時に活躍してくれそうです。
ひょっとしたら撮影するのは嫁さんじゃなくって子供の方かもしれませんけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haku

Author:haku
代理出演(かわいい方がいい)
反抗期中?の娘

こどもが急病になったとき
救急で病院に行った方がいいのか、どうしようかと迷ったときに、判断の参考になるサイトです。
最近の記事
行きつけのお店リスト
NINJAカウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。