スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦根で家族サービス1

GWまっただ中の5月4日、彦根に行ってきました。
お目当てはひこねスカイアドベンチャーです。
TVで紹介されていたこともあって、子供が前から行きたい行きたいと言っていたところですので、朝早起きして行ってきましたよ。

紹介TVではこれと同じような感じで、とっても楽しそうな雰囲気でしたし、身長100cm以上あればできるようなことが書いてありましたのでお気楽にお出かけしてしまったんですよね。

現地につくと、人がいっぱいです。
結構流行っているようで、申し込んでから1時間半ほど待たされることに。
まあ、いとこたちと一緒になりましたので、子供達は元気いっぱい走り回っています。

時間になり、施設のある丘の上へと進み、そこでまずはハーネスを装着することになります。
落下防止用の命綱ですね。
途中と最後にロープに滑車を掛けて滑るところがありますので、まずはスタートのところで練習します。
ここはみんな笑顔で「こんなん楽勝やん」と行った表情です。
準備
表情までわかりませんが、この子も笑顔ですし、撮影しているおじいちゃんもにこやかな表情でしたよ。

そしていよいよスタート。
まずは斜めになった丸太の上を上がります。
上がったところで早速の難関登場。
ウォールクライミングのような板を横歩きで移動してゆくんですが、足場が狭く、しかの足場の間が結構開いているために小さい子では足が届きにくいんです。
しかも手でつかむところも少なく、基本は大人向けの位置についていますから、さらに難度が高くなります。

そこを過ぎるとロープの上の板をわたるんですが、これが揺れること揺れること。
アドベンチャー1
後に写っているのがそうですが、立っていることが無理なので、基本はロープにぶら下がる感じで、足は前に進めるだけの役目しかありません。
そして、続いて平行板の上をずりずりずり、と。
ご覧のとおり、つかまることはなく、足場は揺れ(アスレチック全体が連動して揺れてるんです。結構響きます。勘弁して下さい。)命綱だけが頼りの状況で、子供は早くもべそ書き状態です。

この後は、さらに過酷なコースが続いていましたので、子供は一つ終わる度に「いかれへん、無理、ダメ」を連発してました。
それでもパパの全面サポート(つかむ、支える、引っ張る、持つ、抱き上げる)を受けて、なんとか最後までコース制覇しました。
最後のラインでは笑顔でゴールイン。
最後

当初は一つずつ写真を撮ろうと思っていたのですが、とてもじゃないけどそれどころじゃありません。
はっきり言ってなめてました。ごめんなさい。すみません。
まだ体重が軽かったのでサポートできましたけど、もう無理です。

よっぽど運動神経がよくて恐い物知らずの子なら別ですが、少なくとも5年生(身長150cm)くらい無いと一人では無理じゃないでしょうか。
だって、最後の写真の左上を見てもらえますか。
大人の人がまたいでいるところが写っていると思いますが、これは両方から「木材が一本」張り出していて、中間が開いているというところを進むんです。
なので、最低限またげるだけの股下が必要です。
しかも、固定なんかしていませんよ。ぐらぐら揺れ続けです。
見ている範囲では落ちた(命綱にぶら下がった)人はいませんでしたが、20代とおぼしき女性が泣きじゃくって下ろされたり(ロープでぶら下げて下ろします)、40くらいのいい年を下おじさん連中が同じようにレスキューされたりと、脱落者がかなり出ていました。

うちは意地もあって最後までクリアーできましたが、子供連れだともうギリギリですね。
普段使わない「全身の筋肉」を酷使しましたので、翌日からお腹、腕、足の筋肉が悲鳴を上げております。
咳をしても腹筋が痛いという悲惨な状況です。

まあ、その後はスカイGでお空のお散歩を楽しみました。

こちらは恐いことは何もなく、気持ちのよい時間を過ごせました。
おかげさまでお嬢様もご機嫌です。
こっちだけなら何回でもやりたい。だそうです。
スポンサーサイト

びっくりした

朝5時半過ぎ、突然不快なアラームでたたき起こされてしまいました。
一瞬の後に緊急地震速報の携帯アラームだと気づきたのですが、何もする時間が無く、すぐにゆらゆらと揺れはじめ、これは大きいかもと身構えていたら、間を置かずにぐらぐらという揺れがやってきました。

子供は飛び起きて泣き出しましたが、幸い南海大地震などの超巨大地震ではなくモノが落ちるなどの被害はありませんでした。
子供は嫁さんに間ませて、まずはラジオを確保してスイッチを入れ、続いて電気が止まっていないことを確認してテレビを入れました。
震源が淡路島と近かったため、緊急地震速報が間に合わなかったと言うことのようでした。(速報事態も遅かったようですが)

とりあえずは阪神大震災ほどは規模が大きくなく、火災などの大きな二次災害もなさそうということでほっとしています。
この揺れなら近所の実家も大丈夫、と安心していたのですが、一つ気がかりが出てきてしまいました。
実は今日土曜日は事務所の月一回のワックスがけを依頼している日でして、金曜日の湯型に椅子を机の上に上げたりして帰ってきているのです。
イスによってはキャスターのまま机の上に置いたりしていますから、ビル6階で揺れが大きくて落ちたり崩れたりして周りを壊していないかどうかってことです。

もし電線を断線していたりしたらいけませんから、取るものも取りあえず車を飛ばして事務所へ直行です。
朝7時とかに事務所に行ったのははじめてのことです。

結果から言えば杞憂で終わり、何も被害はなかったのですが、もしこれが大震災だったらと思うと冷や汗ものです。
結局二度寝もできず、そのまま一日を過ごしたわけですが、精神的に疲れる一日でした。

今日はこれで済みましたが、きっと近いうちに大震災が来てしまうんでしょうね。
これを機会にしてもう一回地震対策をやり直さないといけないなと思った次第です。

雪でした。

今年も恒例の嫁さんの両親との旅行に行ってきました。
今年の天気予報は「雪」で、最低気温はマイナス予報。

幸いかなりの区間は快適ドライブできましたし、最後の山を越えたらいきなりの銀世界で子供も大喜び。
予想より早く行けましたから、途中寄り道しておしゃれ(レトロ)なお店でお昼ご飯もいただけました。

字が書けるようになってうれしいので、お店の思い出ノートに何か書き込んでました。
記帳中
また今度行ったときに見れるといいな、と。

その日はそのままお宿へ直行。
宿へ着いてしばらくすると、猛吹雪になってしまいまして、強い風が吹く度宿が揺れるような感じです。
部屋のまでからは海が見える=海風が直撃ってことで、大丈夫とは思っても何となくね。
その日はもうどこへも行かず、お宿の温泉にゆっくり浸かって暖まりました。
寒い日に温泉ってやっぱりいいですね。

翌日はくもり時々雪一時晴。
吹雪が収まってくれましたので、これで帰れると一安心です。

子供も時間を見てお宿の前で雪だるま遊びも出来て満足した様子です。
遊んでいるときはいい笑顔で・・・
雪だるまで~きた

さて、「魚のお腹におからを詰めたもの」がこの地方にあって、それがとてもおいしいらしいのであったら買ってきてというリクエストがあったため、まずは地元の物産員を展示販売しているところで、聞き込みから。
調べてもらった結果、「このしろずし」であると判明し、それを唯一作っているという衣店まで雪道ドライブとなりました。
無事お店に着くと、そこのお店の駐車場は新設がきれいに積もっているじゃないですか。
こんなチャンスは滅多にありません。

すかさず子供を下ろしてゆきころがし。

きれいに雪がくっついて大きくなってくれました。
時間があればきれいな雪だるまも作れたでしょうね。
まあ、それはまたの機会のお楽しみとしましょう。

うちのとんど

今年もとんどが開催されました。

いつも近所の太鼓のサークルが披露して下さっているのですが、今回はとんど向けに小学生を募集していましたので、うちの子も参加させてもらいました。
年から何回か練習してのいよいよの本番。
途中間違えたりもしてましたが、はじめてにしては上出来でしょう。
太鼓2

太鼓1

今度はまた2月にミニ発表会があるそうで、本人に聞くとおもしろかったからまた行きたいと言うことでした。
今度は間違えずにたたけるかな。


そしていよいよとんどの時間。
すぐそばの神社から灯明の火を持ってきて藁束で点火します。

火が一気に頂上まで駆け上がり、威勢よく燃え上がります。
火の粉が舞い散るのもきれいですね。
とは言っても自分の頭の上にも落ちてくるので気をつけないと危ないくらいでした。

去年一年間守っていただいたお札やお守りなどをお返しして、今年一年の無事を祈るひとときでした。

はつもうで

1月2日は北野天満宮に初詣に行ってきました。
朝は寝坊して、結局昼前の出発となってしまいましたけど。

京都に着いたらお昼でしたので、まずは腹ごしらえということで、おむらはうすへ行ってきました。
知る人ぞ知るオムライス専門店です。
出町柳の外れにあるお店なんですが、いてみるとやはり満席です。
おいしいところはみんな知っているんですね。

満腹になってやっとこさ、目的地へ。
狭い参道は出店がいっぱいで、しかも出っ張った店があるとそこでさらに渋滞するという悪循環でしたが、なんとか楼門までたどり着きました。
上を見上げると、巨大絵馬が奉納されていて圧巻です。
重さは120kgだそうです。
巨大絵馬

今日2日は筆始祭があり、天満書を奉納しにたくさんの人が来ていたようです。
うちの子も書きたがったのですが、まだ習字をしていませんので、今回はパス。
その代わりと言っては罰が当たってしまいますが、当初の目的どおり「絵馬」を奉納してきました。
絵馬
ところどころ文字がつぶれてしまっているところもありますが、がんばって一人で書いたので、天神様にもきっと伝わることでしょう。

また来年来ようねということになりましたから、これからの年初の恒例行事となりそうです。
プロフィール

haku

Author:haku
代理出演(かわいい方がいい)
反抗期中?の娘

こどもが急病になったとき
救急で病院に行った方がいいのか、どうしようかと迷ったときに、判断の参考になるサイトです。
最近の記事
行きつけのお店リスト
NINJAカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。